カワハギ【皮剥】

カワハギ【皮剥】 イラスト:小倉 隆典
  • 分 類フグ目カワハギ科カワハギ属
  • 学 名Stephanolepis cirrhifer
  • 英 名Thread-sail filefish
  • 別 名ハゲ、ハギ、バクチ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

B08d1d8b 56fb 462a a909 02f88a455da5

フグ目カワハギ科カワハギ属の海水魚で、仲間にウマヅラハギやウスバハギなどがいる。
本種は、本州から九州までの各地に分布。北海道や南西諸島にも棲息するとしている図鑑もあるが、釣り場で見かけることはほとんどなく、ときどき北海道で釣れるのはウマヅラハギであることが多い。


特徴

A3f7e074 54ae 4dd6 9437 e4b7e634de1f

側扁した菱形に近い体形で、ザラザラとした硬く細かいウロコと丈夫な皮で覆われている。背ビレの第一条と腹ビレは、太く短い棘状になっており、雄は背ビレの第二軟条が糸状に長く延びているので、雌と区別できる。
体色は灰褐色または黄褐色で、体側の全面に暗褐色の縦班が不規則に散らばっている。ただし、体色は周囲の環境によって大きく左右され、体側の斑点も外敵などに驚いたりすると不鮮明になる(写真)。
口は小さく、中には頑丈な歯が並んでいる。このオチョボ口で少しずつエサをついばむように捕食するため、釣り人には魚信(アタリ)がなかなか伝わりにくい。
成魚の全長は20~25㎝ほど。30㎝を超えれば大型といえる。
ウマヅラハギやウスバハギは本種に比べて体形が細長く、前者の体長は全長30㎝ほど、後者は50㎝ほどになる。


性質

57124d6e 32ec 442b 8569 f2f0a2af3d3d

水深50mまでの砂底と岩礁が混じるような環境に棲息している。
産卵期は5~8月で、稚魚は沿岸部の流れ藻に着いて生活している。体長10㎝前後になると、小さな群れをつくって遊泳する。成長に伴って次第に深場へ移動し、底生動物のゴカイ類や小型の甲殻類、貝類、ウニ、海藻などをエサとする。
秋になると越冬のために荒食いをするが、その栄養を脂肪に変えて肝臓に蓄えるため、冬のカワハギのキモは肥大する。


文化・歴史

調理の際に皮を剥ぐ必要があり、また簡単に剥げることがカワハギの名の由来となっている。皮を剥いだ姿からの地方名も多く、ハゲ、マルハゲ、カワムキ(関西)、身ぐるみ剥いで裸になることからバクチ、バクチコキなどという名前もある。
英語でもハギ類は、レザージャケット(革の上着)などと呼ばれている。


釣り方

3bbb2886 586d 4e1c 932d 6ab24e2ae6de

カワハギは船釣りで狙うことが多く、とくに東京湾や三浦半島などでは専門の遊漁船も数多い。また、近年では九州エリアでの尺(約30㎝)オーバーの巨大カワハギ釣りも人気だ。シーズン的には、キモが大きくなってくる秋〜冬が狙い目。

【船釣り】

6647ed08 be0c 4f09 a08e a9b30e91c20a

タックル(竿、リール、糸を含む道具一式)は、専用竿と小型両軸リールの組み合わせが基本。また、近年ではスピニング(リールの種類)タックルで広範囲をキャストで狙う人もいる。
仕掛けは2~3本バリの胴付き仕様けが標準。ただし、ハリス(針を結ぶ釣り糸)の長さや枝間、ハリの種類、オモリの形状などを工夫する楽しみもある。ハリスが縮れることが多いので、簡単に交換できるように自動ハリス止めを活用すると便利。
付けエサはアサリのムキ身のほか、西日本ではアオイソメなども使われる。
底釣りが基本で、仕掛けを着底させた直後から、カワハギとの攻防が開始される。状況によっては、またたく間にエサを食い尽くされてしまうので、聞き合わせやタルマセ、タタキ釣りなどのテクニックで食いアタリ(魚が食付いた信号)を出していくのが、この釣りの楽しさだ。

製品例
仕掛け

【投げ釣り】

E13a684a 02ba 4cb8 85cd 28096ad94f77

船から狙うことの多いカワハギだが、堤防や磯から狙うことも十分に可能だ。季節的には秋~冬のほか、6月頃も狙い目。ポイントとしては足元から水深があり、砂地に根が点在している場所が釣りやすい。
タックルはシロギス狙いのものを流用。ハリスはカワハギの鋭い歯に対抗するため、フロロカーボンの2~3号を使用する。ハリは流線や競技キスなどの吸い込みのいい形状のもの。付けエサは、イワイソメかアオイソメを使用する。
ポイント(魚の居る場所)に仕掛けを投げ入れたら、海底で仕掛けを誘い続けることがコツ。ときどき竿を鋭くあおって、空アワセ(アタリが分からなくてもアワセる)を入れてみるのも有効だ。

【波止・堤防釣り】

73f87aaa 5e1f 48e1 98f9 4e4dafd04d05

岸壁や堤防のヘチぎわを狙う場合は、沖釣り用のタックルや仕掛けがそのまま流用できる。また、磯ぎわを攻める場合は、足元にある根をかわすために長めの磯竿を使うといいだろう。付けエサはアサリのムキ身、イワイソメ、アオイソメなどが使える


料理

69641a2e c298 461a 8e5a dd25cb5f37d5

煮付け

72e1efdd 4977 4a0f 8340 2fca6ba5b80f

刺身とキモ

カワハギの旬は夏だが、濃厚な甘みとウマミがあるキモが太る晩秋〜冬にかけてもおいしくいただける。叩いたキモと醤油を混ぜたタレに、薄造りの上品な刺身を付けて食べると絶品だ。煮付け、塩焼き、干物、鍋物などにも向き、身離れがよく、小骨も少ないので非常に食べやすい。
カワハギの皮は硬いが、ヒレと口先を切り落としてから、皮の端をつまんで引っ張れば簡単にはがすことができる。皮をむいてワタを出したものを丸のまま塩水に漬けて干した一夜干しも、酒の肴などに美味。

カワハギの肝和え、煮付けの料理方法はこちら

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

ページTOPへ