シリヤケイカ【尻焼烏賊】

シリヤケイカ【尻焼烏賊】 イラスト:小倉 隆典
  • 分 類コウイカ目コウイカ科シリヤケイカ属
  • 学 名Sepiella japonica
  • 英 名Spotted cuttlefish
  • 別 名シリクサリ、マイカ、スミイカ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

9d69d136 31eb 467c b773 0e6a51a9bda2

コウイカ科のイカ類は、その名の通り外套膜の内側に硬い甲羅状の骨をもつことが特徴で、スミイカ(正式和名コウイカ)、カミナリイカ、コブシメ、シリヤケイカなどの種類が、国内における釣りの対象として知られている。
本種は、北海道以南の全国各地に分布しており、とくに多く見られるのは太平洋岸では房総半島以南、日本海側では富山湾以南である。そのほか、中国の南部や韓国沿岸にも棲息しているが、学名にjaponicaと付いているように、基本的には日本近海にのみ分布する種である。
スミイカと姿形がよく似ており、墨の量も多く、またスミイカと混ざって釣れたり定置網や底曵網などで獲れるので、市場では区別されずに本種もスミイカとして流通していることが多い。


特徴

294e22c8 6b5c 46c8 976f 24397df72ba4

外套長15~18㎝、外套幅7~9㎝ほどで、外套膜はドーム型、左右には外套全体にわたってエンペラがある。胴の内部にある甲は長卵形で、スミイカの特徴でもある先端部の棘状の突起は見られない。
生きているときは、胴の背面は黒褐色の地色に白い斑点が胴の甲側に散らばっており、裏側は蒼白色である。外套膜の先端にある尾腺開口から茶褐色の粘液を分泌するため、胴は先端部が赤茶色っぽく染まっていることが多い。
腕長は外套長の約半分で、2本の触腕の先端には10列の微小な吸盤が並んでいる。スミイカと同様に、触腕は通常は短い触手の間にあるポケット状の部分に収納されていて、エサを捕らえる際などには長く伸びるようになっている。
スミイカとの見分け方は、エンペラの基部に沿って白い線が走っていて、甲の先端部に尖った突起があるのがスミイカ。エンペラの縁は銀白色、胴の表面に白い点が散らばっていて、甲の先端から褐色の液を出しているのがシリヤケイカである。


性質

水深10~100m程度の砂泥底に棲息し、主に甲殻類、小魚、環状動物、軟体動物などを捕食している。
産卵期は4~5月頃で、内湾に集まって海藻などに黒い膜で覆われた直径1㎝くらいの卵を産みつける。1ヶ月ほどで孵化した仔イカは浅場で成長し、水温が低下する時期になると深場へ移動する。春には成熟して抱卵し、再び浅場所へ移動。産卵を終えると死んでしまう。寿命は1年間である。


文化・歴史

シリヤケイカの名は、独特の茶褐色の分泌液が火焔状に広がってまるで「尻が焼けている」ように見えることが由来。
地方名にはいくつかのパターンがあって、スミイカと混称しているものとしては、マイカ、スミイカ、コウイカなどがある。
また、胴の先端部から粘液を出すという特徴的な生態からは、シリイカ、シリクサリ、シリコウイカ、クソイカ、ヤケイカ、シベクサリ、ツベクサリなど。
ほかに、スミイカは甲の先端に棘をもつのに対し、シリヤケイカはもたないことから、ハリナシコウイカという別名もある。


釣り方

シリヤケイカは北海道以南の各地に棲息しているが、どちらかというと内海性のイカで、東京湾や大阪湾、瀬戸内海などに多く見られる。また、年によって好不調の波が大きいのも特徴。たとえば、東京湾では2~3年周期でシリヤケイカが大発生して、好調な年には岸壁や釣り公園に多くの釣り人が押し寄せる。
船釣りでは、シリヤケイカ狙いで出船しているのは一部のエリアのみで、スミイカ狙いで出船してゲストにシリヤケイカが釣れてくるというパターンが多い。

【エギング】

Aef02f12 b933 418f b5c4 6b017b0bfb3b

ほかのイカ同様、シリヤケイカもエギング(餌木=エギを用いた釣り)で狙うのが一般的だ。ミチイトには感度に優れたPEラインを使って、微妙なイカの乗りを感知したい。深場のポイント(イカの居る場所)を狙うときは、エギの鼻先のスナップにナス型オモリをセットすると、底取り(エギを海底まで沈める)が容易になって、より釣りやすくなる。

・くわしい釣り方
エギング入門(堤防からのイカ釣り)

・製品例
エギ

【スッテ仕掛け】

36ab0b2a 8ea6 4a53 9270 e280927b69e0

岸壁や海釣り公園の桟橋下を釣るための仕掛け。ロッドは穂先が柔軟なものを選ぶとよい。スッテは、コウイカ用のカンナの大きなタイプがお勧めだ。

製品例
スッテ


料理

スミイカよりも味は落ちるとされるが、新鮮なものは柔らかくて甘味が濃く、刺身や寿司などでおいしく食べられる。天ぷら、フライ、焼き物などもお勧めだ。
墨の量が多いので、釣り上げたらなるべく墨を吐かせないうちに活き締めして持ち帰り、パスタ、リゾット、墨汁、墨づくりの塩辛などに活かしたい。また、瀬戸内地方などでは、甲が付いたまま干し上げた「甲付するめ」が作られている。味はケンサキスルメについで美味とされている。

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

【つり百科の関連記事はこちら】

アオリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ケンサキイカ(アカイカ、マイカ、ヤリイカ)のまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

コウイカ(スミイカ)のまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

コブシメのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

スルメイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ヒイカ(ジンドウイカ)のまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ヤリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

カミナリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

ページTOPへ
釣果ナビ釣果ナビ