メジナのノベ竿釣り(入門者向け)

メジナのノベ竿釣り(入門者向け)
  • 分 類スズキ目メジナ科メジナ属
  • 学 名Girella punctata
  • 英 名Largescale blackfish
  • 別 名グレ、クシロ、クロアイ、クチブト

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

62bad028 3563 48eb b19c 65e9d6f886de

北海道南部から台湾、東シナ海に広く分布する。暖海性の魚なので南日本に多いが、沖縄ではほどんど見られない。
メジナ科の魚は世界的に見ても種類が少なく、日本近海に棲息しているのは本種のほかクロメジナ、オキメジナとなっている。ともに暖海性が強く、北日本ではほとんど見られない。


特徴

体形は楕円形で左右に側扁し、体高がやや広い。頭部は前方に向かって丸みを帯び、口は体の割に小さく、上下のアゴには櫛状の細かい歯がある。
体色は全体に青黒く、腹側がやや銀白色っぽい。ウロコはやや粗く、ウロコの中心には小さな黒点がある。成魚は体長50㎝前後になるが、成長は遅く1年で10㎝、3年で20㎝。30㎝になるには、その後7年間かかると推定されている。
本種とクロメジナはよく似ているが、本種のほうが全体にずんぐりしていて、尾ビレのつけ根の幅が広い。また、クロメジナはウロコがやや小ぶりで、ウロコの中心に黒点がなく、鰓蓋(えらぶた)の縁が黒いこと、尾ビレが全体に長く先端が細くなっていることで見分けられる。
オキメジナは30㎝くらいまでは体側に白い横帯があるので見分けやすい。大型のオキメジナはエラブタの前面をウロコが覆っていることで、ほかの2種と区別する。


性質

沿岸部の岩礁地帯の底層に棲む。昼間はエサを求めて海中を泳ぎ回り、夜になると岩礁の割れ目や岩の下でじっとしている。性格は臆病で警戒心が強く、縄張り意識が高い。
食性は雑食性で、季節によって食性が変わる。夏には小魚や甲殻類など動物性のエサを主に捕食し、冬になるとハバノリやアオサなどの海藻類を食べる。
産卵期は2~6月。稚魚の頃は、流れ藻に着いて表層を浮遊する。その後、体長20㎝くらいまでは潮だまりや堤防のきわなどで群泳しているのが見られる。3年目頃からは、単独で行動するようになる。


文化・歴史

一般的にはメジナと呼ばれるが、関西ではグレという名のほうがポピュラー。ほかにもクシロ(伊豆)、クロ(岡山、九州)など地方名が多い。
また、釣り人の間では、本種とクロメジナを区別するために、本種のことをクチブト、クロメジナをオナガと呼び分けている。
もともと、メジナという名は「目近魚(めぢかな)」という意味で、目と口が近いことから付けられたもの。
長崎県対馬では、正月にメジナ(現地での呼び名はクロイオ)でダシをとったお雑煮を食べる風習がある。対馬市厳原町の多久頭魂(たくづたま)神社では赤米神事という古代米を使った祭事にメジナを使う。


釣り方

ビギナーでも簡単!「ノベ竿」を使ったお手軽な釣り / 入門者向け

De8ee9ae d6c6 4a7e b8cf dc0ad258ef7d

堤防や磯などで楽しむ海釣りでは、竿とリールを組み合わせたタックルが使われることが多いが、根強い人気があるのがシンプルな「ノベ竿」。ビギナーでもベテランでも、それぞれの楽しみ方ができるノベ竿の釣りは、想像以上に奥が深い。

ノベ竿釣りの魅力

釣りのスタイルは、十人十色。本格的な釣りは前夜の準備も楽しみのひとつだが、日頃の仕事に疲れた週末は、準備はそこそこに気軽な釣り旅に出かけてみるのもいいかも知れない。好みの観光地や温泉地を巡り、地元の旬の幸を味わいつつ、何となく気になった場所があれば、ちょっと寄り道して竿を出してみる……。
そんなユルくて気軽なスタイルにピッタリなのが、「ノベ竿」でのメジナやウミタナゴの釣りだ。持参するのはノベ竿1本。そして、シンプルな仕掛けとエサだけ。もちろん、ライフジャケットなどの安全装備は必須だが、優しい潮風を感じながらのゆったりな釣りは、日頃のストレスを一気に吹き飛ばしてくれるだろう。

ターゲット

4db6a8c8 4c31 4934 9f47 37ec10cec328

【メジナ】堤防や小磯まわりに生息する中層魚。ノベ竿釣りにおける人気ターゲットで、20センチ級の小型サイズでも十分に引きを楽しめる。30センチ超ともなればファイトは強烈だ。ほぼ一年中狙えるのもうれしい。

43ce3488 f7f1 487e b807 ff371ab372ea

【ウミタナゴ】こちらも、ノベ竿釣りの人気者。平均サイズは15センチ前後だが、春のハイシーズンにはマダイと見間違えそうな大型も釣れる。メジナ同様に一年中釣ることが可能で、タイミングがいいと入れ食いを楽しめる。

ノベ竿の釣りが楽しめる場所

4f0e19fb 6cb7 4626 a5f2 1e5a35115027

堤防

堤防/
メジナやウミタナゴは、波静かな内湾の堤防や岸壁で釣ることができる。また、潮通しのよい外海に面した港なら、より高活性の群れが着いている可能性が高くなる。足場がいい釣り場なら、家族連れでも安心だ。ウミタナゴや30センチ級までのメジナは、波静かな内湾の堤防や岸壁で釣ることができる。また、潮通しのよい外海に面した港なら、より高活性の群れが着いている可能性が高くなる。足場がいい釣り場なら、家族連れでも安心だ。

2cc79ff8 d881 42aa 83b8 28136e47b19f

小磯

小磯/
内湾の風波の影響を受けにくい小磯で、写真のように足場のいい場所はノベ竿釣りでの理想のフィールドだ。足下の水深は2〜3mもあればOK。ただし、外海に面した磯場は、少しでも海が荒れると波が迫り上がってくるのでお勧めできない。

使用する竿

F18edd44 c8a6 45a6 aca4 ad93d9f86e8d

ノベ竿というのはリールを付けない竿の総称で、その最大の特徴はとにかく「軽い」こと。また、ライントラブル(釣り糸が絡むこと)も少なく、子供でも快適に扱える。さらに、ここで紹介していく感度の良い仕掛けとの組み合わせによって、小さなアタリ(魚信)が明確にわかることも利点。「子供だからノベ竿でいいや」ではなく、「ノベ竿だから魚がよく釣れる」のだ。
ノベ竿にはいろいろな種類があるが、オススメは「長さ4.3〜5m程度の渓流竿や万能竿」。これなら軽量なので子供にも扱いやすいし、ちょっとした大物とも十分に渡り合える。実際に購入するときは、釣具店で相談しながら選んでみよう。

ノベ竿のウキ釣り仕掛け

06a2705c c8d4 41c7 8451 8cb22a45f386

ここで紹介している仕掛けは小粒の玉ウキを3つセットしたもので、非常に感度に優れているのが特徴。作り方も簡単で、そのまま淡水のフナ釣りなどに流用することもできる。どうしても自分で作れない場合は、釣具店で販売している「完成仕掛け」を利用するのもいいだろう。玉ウキのそれぞれの間隔は10センチ程度が目安。なお、波が静かで魚の活性も高そうな状況では、玉ウキひとつだけの仕掛けも快適に使える。

仕掛け作りに使用するパーツ類

941421f4 38ff 41b5 ba3b 7fc02a565c42

【玉ウキ】ウキにはさまざまな種類があるが、ここで使用するのは玉ウキ(シモリウキとも呼ぶ)。感度に優れ、浮力調整が簡単で、しかも値段が安いのもうれしい。蛍光色なら視認性もよい。サイズは、直径10〜12㎜を状況で使い分ける。

F9dffdb5 1385 4a91 9534 0d436e9d657c

【ライン - ミチイト】ミチイト(竿先から金属環までをつなぐ糸のこと)は柔軟性があって、潮なじみのいいナイロン1〜1.5号を使用。

8970e6a3 8854 4d61 807e 38958e62e6b3

【オモリ】ガン玉でもいいが、ウキの浮力調整は板オモリのほうがやりやすい。入手しやすいのは、幅17㎜で厚みが0.25㎜の板オモリ。これは、長さ約2㎝でガン玉の2Bサイズに相当することを覚えておこう。ガン玉を使うなら、6号〜Bを複数個使って調整したい。

6a750115 a743 43cc 9cb5 0af098b8c69f

【ハリ】ハリは食い込みのいい袖バリや海タナゴバリ、ヘラ釣り用のスレバリがオススメ。サイズは6号前後が基本だが、小型のメジナやタナゴたちと遊ぶなら、4号程度の小バリも重宝する。いずれもハリス(ハリを結んでいる糸)付きが便利

仕掛けの作り方

1968b4db 0fc6 4ec4 ba16 46c5c312bdb5

1 竿先のリリアンに、チチワ結びでミチイトをセットする。続いて竿をすべて伸ばし、竿の全長と同じ長さでラインをカット。

F197b373 c56c 4b15 b830 2eb7ce96336c

2 玉ウキをミチイトに通し、先端を細く削ったマッチ棒を穴に差し留め、余分を数㎜残してカット。これでウキをミチイトにセットできる。ヨウジを使う人もいるが、その場合は先端をペンチ等で潰して軟らかくしておくとミチイトを傷つけにくい。

D6217b1a 13af 4789 b379 d55f95635544

3 ミチイトに自動ハリス止めか極小サルカンなどの金属環を結び(リンク)、ハリスをセットする。自動ハリス止めの場合は、その先端部分にハリスを斜めに挟むだけで簡単にセットできる(写真)。サルカンの場合は、エイトノット(リング)で結ぶ。

9718d147 a41b 4304 8cb6 3064a601994b

4 金属環の上のミチイトに、板オモリを巻き付ける。最初は多めに巻いておき、釣り場で一番上のウキが水面ギリギリに浮くようにカットしながら調整するとよい。板オモリは、ハサミで台形にカットしてから巻くと形が整いやすく、水中でも緩みにくくなる。

使用する糸結び:チチワ結び

使用するエサの種類とハリ掛けの方法

49d87f88 d435 477e 92c3 845b55265ade
99f3597b 9c62 49a5 b34e e6b604a34768

【アミ】オキアミより小粒で軟らかく、魚の反応も抜群のエサ。反面、エサ持ちが悪いので、マメにエサの状態をチェックすることが大切だ。ハリに刺すときは、尻尾のほうからハリ先を通して、腹側に抜くのが基本。

4a7b6ff4 c591 4e7b 8cc8 c46034aa65df
Cad49373 69aa 49fb 8a5b a0296b8252a3

【ジャリメ】海釣りでの万能エサ。ハリに刺すときは、活きを損なわないように頭をチョン掛けにする。1匹まるごと使うのが基本だが、大きなものは長さ5㎝ほどでカットする。

アミコマセは海水で薄める

8815b3e0 715a 480e 9e40 a9047b1e0bbd

射程距離の短いノベ竿の釣りでは、回遊してきた魚たちを足止めするために、定期的に寄せエサ(コマセ)を効かせてやると効果的。バケツの海水に冷凍のアミブロックを入れて、徐々に溶けてきたら、その上澄みを撒いていく。

あると便利な道具たち

87c4e971 99b6 4a82 ac1a e13bb2d669f9

【コマセバケツ&ヒシャク】魚を寄せるためのコマセを入れるためのバケツは、フタ付きのものが売られている。コマセを撒くヒシャクは、柄の長さが30〜40センチ程度のものを選ぼう。

B889bc9c f6b8 4a8d bb30 0fe2e0fb3bd0

【水くみバケツ】手を洗ったり、汚れた堤防を洗い流すための折りたたみ式のバケツ。ロープ付きのものを。

Ccc6519f 43f5 4563 844d 766aefc4554e

【エサ箱】さしあたってはなくてもいいが、あると便利なのがエサ箱。プラスチック製は水洗いが簡単だが、イソメエサが蒸れにくいのは木製の物。

A1b16b08 8415 4c10 b855 22d599353724

【魚バサミ】ヒレの鋭いさかなやヌルヌルの魚をつかむのに便利。金属製や樹脂製のものがある。

Aeb144e4 8515 4053 9696 a3e987ba985e

【クーラーボックス】釣れた魚を鮮度良く持ち帰るための必需品。容量は10〜16リットルもあれば十分。

狙ってみたい主なポイント

2ad1ad4a 3610 476f 8d2b a5798a48866a

足場がいい堤防や小磯などで、魚が身を隠せる海藻や捨て石などが点在している場所を狙ってみたい。足場から海面までの距離が1〜1.5mほど、足元の水深が2〜5mぐらいの場所がノベ竿では釣りやすいだろう。そして、ノベ竿で釣るときに覚えておきたい必須条件が、「適度に潮が濁っていること」。ノベ竿の射程距離は足元周辺に限られているので、潮が澄み過ぎていると魚が警戒して釣りにくいのだ。

実際の釣り方

10a558d9 1733 46e4 a050 f8fa108b633b
F32b6949 b4d5 4e65 8f96 51db37e16b59

ノベ竿の釣りでは、魚の群れを足元に寄せながら釣ると効率がいい。コマセは一度にドバ撒きせずに、少しずつ一定の間隔で潮の上流側から撒くのがコツ。この潮に乗せて仕掛けを流せば自動的にコマセと同調し、付けエサが魚に発見されやすくなる。

ウキ下の長さはどうやって決める?

3d9c7992 3289 46aa 81cc 423266b4e393

とくに初めての釣り場では、ウキ下(ウキからエサまでの長さ)をどうやって決めたらいいのか迷ってしまうかも知れない。釣り場の水深やターゲットによっても考え方は変わってくるが、おおよその考え方としてはイラストを参考にしてみたい。目安としては、とりあえず1.5mのウキ下で開始するといいだろう。これでアタリが出ないようなら、状況を見据えつつ適宜ウキ下を調整するのがセオリーだ。

アタリのパターン

0ee2c9aa ffa1 45f9 bc5d 66a6f3f16d78

ウキに出るアタリで多いのは、ジワジワと海面下に沈んでいくパターン。この場合は、ウキが10〜20㎝程度沈んだタイミングで竿を立てればよい。ウキが水面に浮いてきたり、揺れるようなアタリが出る場合は、ウキ下が長過ぎるケースが考えられる。エサばかり取られるときは、ウキ下を多少短くしてみよう。

ノベ竿で魚とやり取りするコツ

A5e71d24 4c99 488c 9d76 2736aed149e3

ラインの出し入れができないノベ竿では、竿の弾力をフルに利用することで魚を浮かせたい。そのためには、魚がハリ掛かりしたらすみやかに竿を立てることが大切だ。相手が大型だと竿が大きく引き込まれるが、そのまま竿の角度をキープしていれば、魚はゴムヒモを引っ張っているかのように疲労して、じきに浮いてくる。魚に空気を吸わせるとさらにおとなしくなるので、その流れで一気に竿を立てて抜き抜こう!


料理

F7eea6ec 2384 476d 8739 337b405771b7
5dcb1c06 13af 4ca7 acc0 a3f09a6e5978

釣り上げたメジナをスカリ(魚を入れて生かしておく網)を使って活かしている釣り人も見られるが、これはメジナにストレスを与え、磯のうねりで身が傷みやすくなる。持ち帰って食べるつもりなら、釣り上げたらすぐに活き締めをして、冷やしたクーラーボックスに入れたい。弾力がある白身は、刺身、焼き物、揚げ物、煮物などさまざまな料理で味わえる。
写真のハーブ焼きは、香草とオリーブ油の香りでメジナの白身がおいしくいただける一品。作り方は、ハーブを敷いたオーブンの天板に塩・こしょうを振ったメジナを乗せ、さらにハーブを散らしてオリーブ油を回しかけて焼き上げるだけと簡単だ。

ページTOPへ