シーバスルアー釣り入門(知識ゼロからはじめる)

シーバスルアー釣り入門(知識ゼロからはじめる)
  • 分 類スズキ目スズキ科スズキ属
  • 学 名Lateolabrax japonicus
  • 英 名Japanese seaperch
  • 別 名ハネ、マダカ、ニュウドウ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

釣り方

知識ゼロからはじめる「シーバスフィッシング入門」

釣りビギナー大歓迎!これからシーバスフィッシングを始めるための内容満載でお届けします!

シーバスフィッシングってどんな釣り?

シーバスを「どこで」、「どうやって」釣るのかということを紹介したいと思います。シーバスフィッシングは、釣りができる場所や釣り方がたくさんあります。その中には入門者向けから上級者向けまでいろいろとあるので、ここでは入門者向けの「オカッパリ」をメインに紹介したいと思います!

STEP01 シーバスってどんな魚なの?

B5cd4183 1186 4b1a 8b5b 723bdca261fc

「シーバス」という魚のことを紹介しましょう。まずシーバスという名前は俗称で、正式な魚名は「スズキ」なんです。スズキはエサ釣りでも人気のある魚ですが、このスズキをルアー(疑似餌)を使って釣る場合に、シーバスという呼び方をするようになりました。シー(海)にいるバス(淡水のブラックバスが由来)を組み合わせた造語なんです。

シーバスの生態などの詳細はここ!

STEP02 どんな場所で釣れるの?

B05e2f10 9d23 48ed a399 7724b261d750

シーバスはとても身近な場所で釣ることができる魚なんです。港の堤防や岸壁、河川の護岸、磯、砂浜など、海辺であればどこででも釣れる可能性がある魚なんです。

STEP03 シーバスが釣れる季節は?

0c008e65 e91f 4574 b408 3d54028bf0ff

ほぼ1年を通して釣ることができます。ただ、季節によってシーバスが釣りやすい条件などは変わりますけどね。とくに狙い目になるのは春先の3月から6月くらいまでと、秋の9月から12月くらいまでの時期です。

STEP04 シーバスが釣れる時間帯は?

012fc703 ed85 49b7 8361 e8069210c606

おもに釣りをするのは夜が多いんですけど、じつは日中でも釣れるんです。季節や地域、釣る場所、釣り方によっても時間帯は変わります。じゃあ、いつ釣りに行けばいいの?それを知るためのおすすめの方法としては、釣りをする地域の釣具店で、買い物をしたときに聞くことです。釣り場の情報なども、教えてもらえることがあります。また、釣りの情報を集めたインターネットのサイトを利用するのもおすすめですよ。

海のルアーフィッシングの釣果情報が満載のコミュニティサイト「Mariaコミュニティ」

STEP05 シーバスフィッシングって何が楽しいの?

70247334 60b6 4eeb b1e7 3c5894094b66

今回紹介した話のまとめになっちゃいますけど「1年を通してとても身近な場所で釣りができる」っていうのが一番ですよね。あとは、たくさんの種類のルアーを使って、いろんな方法で釣りができることも、この釣りの楽しさといえます。そうそう、大物が釣れるのもシーバスフィッシングの魅力です。40~60センチのシーバスを狙っていても、80センチ5キロなんて大物が釣れる可能性があるんです。とても夢のある釣りだと思いませんか?

シーバスって、どこでどうやって釣るの?

シーバスを「どこで」、「どうやって」釣るのかということを紹介したいと思います。シーバスフィッシングは、釣りができる場所や釣り方がたくさんあります。その中には入門者向けから上級者向けまでいろいろとあるので、ここでは入門者向けの「オカッパリ」をメインに紹介したいと思います!

STEP06 シーバスフィッシングはどんな風に釣りをするの?

Ccae9cc6 f0a3 4bfa a5b1 0929b84fecc7
6f445f16 9575 471d 888d 4dc04521cc0d
5ae68dca 672c 438b bf21 427d71f8f140

シーバスフィッシングのスタイルは大きく3つに分けることができます。まず今回メインでお話をする岸から釣る「オカッパリ」というスタイル。そしてちょっと上級者向けの「ウェーディング」という、膝から腰くらいまで水に浸かって釣るスタイル。そして船に乗って釣りをする「ボートゲーム」です。

STEP07 「オカッパリ」の釣りってなに?

F2d6ffb5 3b5a 4ba4 935d ff7c2d335692

オカッパリのシーバスフィッシングとは、港の堤防や岸壁、河川の護岸、砂浜、磯など、ようは岸から釣りをするスタイルのことです。この中でも一番手軽な場所が「港の堤防や岸壁」と、「河川の護岸」です。足場が良い場所がほとんどなので、基本的な安全装備を用意すれば、手軽にシーバスフィッシングを楽しむことができます。

STEP08 「ウェーディング」ってなに?

Acb18768 2d5f 4f44 aa17 140efee43a06

ウェーディングは、腰くらいまで水に入っても濡れないウェーダーを着用して、水の中で釣りをします。干潟や河川などがおもな釣り場となります。水の中に入るため、安全にはとくに注意する必要があります。海底にいるエイなどで怪我をする危険性もあり、シーバスフィッシングの中では上級者向けの釣りといえます。

STEP09 「ボートゲーム」はどんな釣り?

710c826f 1f09 418a a426 62cbdf198a19

ボートゲームは船に乗ってシーバスフィッシングを楽しむスタイルです。ボートゲームはオカッパリと同じくらい手軽なシーバスフィッシングで、じつは入門者にもおすすめできます。船長が釣れるポイントへ連れて行ってくれますし、アドバイスしてもらうこともできるからです。ベテランも楽しめる釣りですが、じつは女性や子供でも気軽に挑戦することができるんです。

シーバスを釣るための道具を揃えよう!

ここではロッド(竿)やリールなど、シーバスフィッシングに必要な釣り道具を紹介します。シーバスフィッシングはとてもシンプルな釣りなので、道具も必要最低限を揃えるだけで楽しめるんです!

STEP10 オカッパリからシーバスを釣るためのロッド&リール

A3d75003 ccb1 4774 b3f3 46e480ffe322

紹介したように、シーバスは色々な釣り方があり、それぞれに専用のロッドが用意されています。まず入門編として、オカッパリからシーバスを狙うときに使うロッドの長さは、9フィート(2.7メートル)を基準にして選べば良いでしょう。リールは2500~3000番クラスで、ロッドとバランスのとれるサイズのスピニングリールを組み合わせます。ロッドとリールのバランスについては、釣具店で購入時に確認してくださいね。

STEP11 オカッパリからシーバスを釣るためのライン(糸)

リールに巻くメインのラインは、PEの1号を使います。そしてPEラインの先にショックリーダー(先糸)を結束します。このショックリーダーはナイロンの5号(約20ポンド)を使います。リールに巻いたPEラインを直接ルアー(スナップ)に結んで使うとトラブルが起こりやすくなるので、ショックリーダーを必ず結ぶようにしてください。

STEP12 ショックリーダーの先にはスナップとルアー

Bdb1d61e cd31 42da bef5 aa112ad7fd55

ショックリーダーの先にはスナップを結びます。スナップはルアーがすぐに交換できる便利な道具です。サイズがあるので、使うルアーなどに合わせて使い分けます。選び方が分からなければ、釣具店で相談しましょう。さて一番重要なルアーですが、これは別項で詳しく紹介します。

ショックリーダーとスナップの結び方

412e41e7 a5c1 4e5d 9f37 5ce02042982f

ロッドやリール以外に必要な道具を揃えよう!

シーバスフィッシングを楽しむためには、ロッドやリール以外にも必要な道具があります。とくに安全装備であるライフジャケットは抜かりなく準備しましょう!

STEP13 シーバスフィッシングに必要な道具4選!

67112093 bb5e 4310 b1e8 03505d7da925

その1・ライフジャケット
シーバスフィッシングに限らず、釣りをする上で絶対に着用しなければならないのがライフジャケットです。日本語にすると救命胴衣ですが、その名の通り自分の命を救ってくれるものなので、どんな場所でも、どんなに手軽な釣りでも、かならず着用するようにしましょう。ライフジャケットは、浮力体の入った「固形タイプ」と、ガスによって膨らむ「膨張タイプ」があります。使い勝手が異なるので、好みで選んでください。

Deaad46c 5a02 44b6 9279 0ce04e2c62d0

その2・ライト
ライトは頭に装着できるタイプ(ヘッドランプ)が使いやすいですね。最近は頭に装着するよりも、首に掛けて使う人も増えています。万が一に備えて、予備を持っておくのもおすすめです。

E9ea9373 50fe 4c7b b602 5a82c5f2c3de

その3・プライヤー
プライヤーは釣れたシーバスの口からルアーのフック(ハリ)を外すときに使います。シーバスは暴れるので、素手でフックを外すのは危険ですし、硬い部分に掛かったフックは、プライヤーでないと外しにくいものです。フックを外す以外にも、ルアーについているスプリットリングの交換や、ラインの切断、フックが曲がってしまったときの修正などにも使います。新たに買うのなら、釣り専用が多機能になっていて便利です。

13017360 4a9e 4ade 8b1a 0b24655571dd

その4・ランディングネット
ランディングネットは、釣れたシーバスをすくうための網です。釣り用語では玉網(たまあみ)とも呼ばれています。ランディングネットは網の枠が大きめのものが、シーバスフィッシングには最適です。枠が大きいと魚がすくいやすいので、とくに初心者にはおすすめです。ランディングネットのシャフトは伸縮式になっているものが多く、その長さは多種用意されています。選ぶ基準は水面までの距離となります。大潮の干潮時を最長として選ぶと良いでしょう。

シーバスフィッシングを楽しむためのルールとマナー!

シーバスフィッシングを楽しむうえで守って欲しいルールやマナーがあります。基本的に他の釣りにも共通することばかりですので、すでに釣りを楽しんでいる人も、再確認のためにも目を通して覚えてくださいね!

STEP14 覚えておこう!7つのルールとマナー

ルール&マナー・その1
「立入禁止場所では絶対に釣りをしないこと」
都市部に近い港湾部は企業敷地なども多く、大抵は立入禁止となっています。立入禁止場所は、その旨が看板で掲示されているし、車止めやフェンスなども設置されています。そのような場所では、絶対に釣りをしないのはもちろんのこと、立ち入らないようにしてください。もし釣りをして良いのか判断に迷うような場所は、近くの釣具店で買い物の際に聞いてみると良いでしょう。

ルール&マナー・その2
「ゴミは必ず落ち帰ろう」
釣りに限ったことではありませんが、自分が出したゴミは持ち帰るようにしましょう。もし釣り場にゴミ箱が設置されていても、休日などはあふれかえることも珍しくありませんので、極力持ち帰ることをおすすめします。なお、釣具を事前にパッケージから出して釣り場へ行くなど、現地でゴミを出さない工夫をすることも重要です。

ルール&マナー・その3
「迷惑を掛けないようにしよう」
釣りをする上での迷惑行為の筆頭は車の駐車です。路上駐車、そして港湾作業や漁業用のスペースに無断で駐車するのは絶対にやめましょう。どこに駐車すれば問題ないかというのも、やはり地元の釣具店で聞くのが一番良い方法です。釣り場近くに民家がある場合は、深夜早朝の車のアイドリングやドアの開閉音、話し声などにも気をつけましょう。停泊している船やロープなどにルアーを引っ掛けないようにすることも大事です。

ルール&マナー・その4
「あいさつをしよう」
人気のある釣り場は人も多いので、そのような場所で釣りをするときには、となりの人にひと声かけてから釣りをしましょう。釣り人によって、釣りをするためのスペース(人との間隔)には差があるので、ひと声かけることでトラブルを未然に防ぐことができます。また、最初にあいさつをしておくことで、釣りの途中で情報交換ができるなどのメリットも生まれてくるものです。釣り場では、港湾関係者や散歩している人などにもあいさつをして、気持ちよく釣りを楽しみましょう。

ルール&マナー・その5
「夜釣りのときは日中に下見を」
シーバスフィッシングは夜に釣りをすることも多いのですが、できるだけ明るいうちに釣り場へは入るようにしましょう。とくに初めての釣り場へ夜になってから行くのは、とても危険です。最初のうちは2人以上で夜釣りに行くことをおすすめします。さまざまな危険やトラブル防止の他に、シーバスが釣れたときにランディングネットですくってもらうこともできるからです。

ルール&マナー・その6
「天候と海況の急変に注意しよう」
釣りへ行く前には、必ず天気予報をチェックします。天候が悪化する予報であれば、釣りへ行くのはあきらめましょう。また、釣りをしているときも、海や風、雲の動きを気にするようにしてください。まだこれくらいなら大丈夫と思わず、天候が悪くなりそうだと感じたら、早めに安全な場所へ移動するか、釣りをやめるようにしましょう。

ルール&マナー・その7
「河川の遊漁料を確認すること」
河川で釣りをする場合は、場所によって遊漁料が必要となります。どこから遊漁料が必要になるか分からない場合は、地元の釣具店で確認しましょう。また河川によっては禁漁期間や禁漁区が決められていることもあるので注意が必要です。

シーバスフィッシングで使うおもなルアーを覚えよう!

E2b9c078 949c 4cff 9218 aa0c7b68c588

シーバスフィッシングで使うルアーは数多くあります。そこで、基本的なルアー2種類と、それを補完するための4種類を紹介したいと思います。まずは基本の2種類をしっかりと使えるようにして、さらにいろんな状況に対応できるように、残り4種類のルアーにも挑戦してみてください。なおルアーの色に関しては次の回に紹介します。

STEP15 基本の「ミノープラグ」と「バイブレーション」を使いこなそう!

D208e0c6 48b1 4414 a00f 23c1c407a5ec

ミノープラグ

シーバスフィッシングを始めるのなら、まずは「ミノープラグ」と「バイブレーション」の2種類をしっかりと使えるようにしましょう。

ミノープラグ
ミノープラグは大きく分けて、フローティング(浮くタイプ)と、シンキング(沈むタイプ)の2種類に分けられます。フローティングは水に浮くようになっており、シンキングは基本沈むようになっています。シンキングには、一定の水深まで沈むとそこに定位するサスペンド(停止するタイプ)もあります。
フローティングとシンキングは、釣り場の水深によって使い分けることが多いルアーです。使うサイズに関しては、シーバスが捕食している小魚のサイズや、シーバスのサイズによって使い分けます。一例を挙げると、50センチくらいのシーバスを狙うなら、7~9センチくらいのサイズをよく使います。

32976935 2c5f 4fcb 8eeb 93f2e5a779f8

バイブレーション

バイブレーション
バイブレーションはミノーよりも扁平したスタイルのルアーです。ミノープラグに比べて、簡単に遠くへ飛ばすことができます。とくに向かい風のときに有効なルアーです。基本シンキングとなっているので、浅場から深場までの全層を狙える万能性を持ち合わせています。一方で、バイブレーションの形状と、沈むという特性から、海底に引っ掛かりやすいので、使う場所によっては注意が必要です。

STEP16 他にもこんなルアーがあるぞ!

7a538f4b 70e1 43bd 8fb1 ad3150c651aa

リップレスミノー

ミノープラグやバイブレーションでなかなか釣れないときの次なる選択肢として、さらに4種類のルアーを紹介します。

リップレスミノー
その名の通りリップがないので、ミノープラグよりも飛距離が出ます。ルアーとしての動き(泳ぎ)も、ミノープラグよりもおとなしくなります。ミノープラグやバイブレーションでなかなか釣れないときに使ってみると良いルアーです。

B1003644 f02e 426c 97b3 bb84cd06b7e9

シンキングペンシル

シンキングペンシル
このルアーもミノープラグに比べると飛距離が出やすい特徴を持っています。また、基本沈むので、リップレスミノーよりも深場を狙うのにも効果的です。ルアーの動きはリップレスミノーよりも少なく(弱く)なります。

37c50a39 2708 4b7a 8d1d 54cce73e6428

トップウォータープラグ

トップウォータープラグ
トップウォータープラグは、水面や水面直下を引くことができるルアーです。シーバスが水面に近いところでエサを活発に捕食しているときに有効となります。季節を問わず1本持っておくと便利なルアーだといえます。

4c9bd77f 635e 4698 8304 17ed34bf8d28

ワーム

ワーム
他のルアーがハードルアーと呼ばれるのに対して、ワームはソフトルアーと呼ばれ、柔らかい素材でできています。ハードルアーで釣れないときに試してみると良いルアーです。また、エサが魚ではなく、ゴカイのときにもよく使います。

シーバスフィッシングで使うルアーの色について!

シーバスフィッシングに使うルアーの色は数多くあります。まずは基本となるカラーを揃えて使ってみて、徐々にバリエーションを増やしていきましょう。

STEP17 ルアーのベースとなる色の種類

9d93ad25 ff83 4b21 87ac e2103f2dd5ff

ワームを除いて、ミノープラグなどのハードルアーの色は、大きく3種類に分けることができます。まず、キラキラとしたホログラムシートをベースにした「ホロ系」。次に白を基調としたボディーの「パール系」。最後に透明なボディーをベースにした「クリア系」です。まずはこの3種類の中から1本づつルアーを選ぶと良いでしょう。

STEP18 使うルアーの色は状況に応じて使い分けます

Fb48ae32 27e1 4a9a 947f 7942c9a50973

ルアーの色は、潮(海水)の状況や、時間帯に応じてある程度使い分けます。夜や潮が濁っているときはパール系がおすすめです。日中や夜に明かりがある場所、そして潮が澄んでいるときはホロ系を使います。クリア系はホロ系を使うような状況で、ホロ系に反応がないときに有効な色となります。ただし、これは一般的な話なので、実際に使ってみてシーバスの反応が悪い場合は、色を変えていくカラーローテーションを試していきましょう。

STEP19 最初に買うべきルアーの色は?

2e0f285b f310 45d4 accd e20eb740c509

初めてシーバスフィッシングに挑戦する人は、どんなルアーを買っていいか迷うと思います。そこでまず買っておきたい2本を紹介します。1本目はホロ系で、小魚をリアルに模したタイプをおすすめします。人気はイワシカラーです。次におすすめするのはパール系で、背中が黄色いチャートバックパールカラーです。あと余裕があれば、クリア系を追加しましょう。なお、ルアー選びは、釣り場近くの釣具店でおすすめを購入するのも良い方法です。

シーバスが釣れる場所!

今回はシーバスが釣れる場所を紹介しましょう。シーバスはいろんな場所で釣ることができる魚で、釣り場のバリエーションを見ても、とても身近な魚であることが分かります。

STEP20 入門におすすめなのは「港の岸壁や堤防」と「河川の護岸」

D3f6897c 369f 4920 8fe3 a60073805d64

シーバスフィッシングが楽しめる釣り場を、6カ所に分けて紹介します。今回は手軽なオカッパリによるシーバスフィッシング入門ですが、中上級者向けの場所も紹介します。

シーバスフィッシングが楽しめる釣り場は、「1.港の岸壁や堤防」、「2.河川の護岸」、「3.サーフ(砂浜)」、「4.磯」、「5.干潟」、「6.船」の6カ所に分けられます。このうち、これからシーバスフィッシングに挑戦する人におすすめなのが「1.港の岸壁や堤防」と「2.河川の護岸」の2カ所です。それでは、6カ所の特徴を紹介していきましょう。

4a5bed7b 7d60 448c a83a 1f5a46878b82

1.港の岸壁や堤防
入門者におすすめの釣り場で筆頭に挙げられるのが、港の岸壁や堤防です。足場も良く、ライフジャケットをしっかりと着用すれば、手軽に釣りが楽しめます。ただし、立入禁止場所では、絶対に釣りをしないようにしましょう。

95779e94 a5fe 4d06 b488 a47671ae1e9f

2.河川の護岸
港の岸壁や堤防と同じく入門者におすすめなのが河川の護岸です。河川といっても、シーバスが釣れるのは海に近い河口域です。都市部などでは足場の良いコンクリート護岸されている場所も多いため、手軽に釣りが楽しめます。

Bd66e2a6 4b69 4b95 8e31 2f803e17acf2

3.サーフ(砂浜)
サーフも手軽な釣り場ですが、ウェーダーを履いて釣りをしたほうが何かと便利なため、装備面で少々敷居が高くなります。また、遠投が必要になる場所も多いので、ある程度シーバスフィッシングに慣れてから挑戦することをおすすめします。

4900ebfa 373f 45b9 bde5 8104f7d4ad6e

4.磯
磯の周りには、シーバスのエサとなる小魚やカニなども多く、大型が釣れる可能性の高い釣り場でもあります。ただし、磯は足場が悪く、苔などもあるため、滑り止めのあるスパイクシューズなどを履く必要もあります。中上級者向けの釣り場といえます。

E554e121 e57e 4a07 8806 57a31abb9a49

5.干潟
河口近くにある干潟は、遠浅の地形となっています。おもに干潮時にウェーディングする(水の中に入って釣る)ので、地形が分かっていないと危険です。また尾に強靭なトゲを持つアカエイも多いため、初めは上級者といっしょに行ったほうが良いでしょう。

6bd64737 7cd9 4990 a0bc 158d5ebbee96

6.船
釣り場というと、少し語弊があるかもしれませんが、船も手軽なシーバスフィッシング釣り場です。船長が釣れるポイントに連れて行ってくれるため簡単に釣れることが多く、釣りの初心者にもおすすめです。とくにジギングの釣りはとても手軽です。

さあシーバスを釣ってみよう!

いよいよシーバスを釣る方法を紹介します。シーバスを釣り上げるまでのステップは、「ルアーをキャストする」、「ルアーを操作して釣る」、そして「魚を取り込む」の3段階です。ルアーをキャストして釣るまでのプロセスは経験を積むことが重要です。たくさん釣りに通って、シーバスフィッシングを楽しみながら、上達していきましょう!

STEP21 ルアーをキャストする!

5f109a65 228a 4a37 95da a836ccdfea1c

シーバスを釣るための第一歩は、ルアーをキャストする(投げる)ことから始まります。最初はうまく投げられないかもしれませんが練習あるのみです。がんばりましょう!

59720e8b 66d1 458d 8b31 3edc63e41f73

ルアーをキャストする際に注意する点は、まずロッドを振りかぶる前に、後方に人や障害物がないか安全確認をすることです。これはキャストする毎に行ってください。
ロッドを振るときは、素早く動作することよりも、ルアーの重みと遠心力を、うまくロッドにのせて、反発力で投げることを意識しましょう。キャストに慣れてくれば、自然に素早くバシュっと、格好良く投げられるようになります。

STEP22 ルアーを操作して釣る!・基本編

今回はミノープラグを使うことを前提に、ルアーの操作方法を紹介します。まずは基本中の基本である「ただ巻き」を覚えてください。

ルアーをキャストして着水したら、ルアーの操作に入ります。「ただ巻き」は、その名の通りただリールを巻くだけという操作ですが、ミノープラグはただ巻きするだけでも、シーバスにとって魅力的な動きをするようにできています。リールを巻くスピードは、およそ2秒に1回転くらいを目安にゆっくりと巻きましょう。ルアーがプルプルと動いている感覚が、ロッドを通して伝わってくるくらいです。

STEP23 ルアーを操作して釣る!・応用編

ただ巻きの他に2つの応用的なルアーの操作方法を紹介しましょう。ただ巻きに反応がないときなどに、この応用編を組み合わせるようにしましょう。

Dacd45eb f8d3 4e35 9b3e 371f9faa7d27

応用編の1つめは、ただ巻きの間にポーズ(止める)を組み合わせる「ストップ&ゴー」です。ルアーを止めることで、シーバスに食いつかせる間を与えます。あまり止める時間を長くすると、シーバスが見切ってしまうこともあるので、ほんの一瞬だけ止めるようにします。
2つめは、ロッドを小刻みに動かしてルアーに動きを加える「トゥイッチ」です。ルアーがイレギュラーな動きをするので、シーバスに食い気のスイッチが入るようになります。
まずはただ巻きを試し、シーバスの反応がなければ、2つの応用操作を試してみてください。1回の操作中に、3つを組み合わせるのも有効です。

STEP24 ルアーを操作して釣る!・ヒット編

操作しているルアーにシーバスが食いついたら、ロッドを操作してルアーのフックをシーバスの口にしっかりと掛けます。シーバスフィッシングのハイライトです!

7f4fc06b c90e 4ce3 8195 b229a6d00109

ルアーにシーバスが食いつくと、ガツンやブルッとした感触が伝わるので、ロッドを大きくあおって、しっかりとルアーのフックをシーバスの口に掛けるようにします。うまくシーバスがフックに掛かれば、ロッドを通してシーバスの重みと暴れる感触が伝わってきます。
シーバスを巻き寄せるときは、ラインを緩めないようすることが重要です。とくに水面では暴れることがあるので注意しましょう。ラインを緩めると、ルアーが外れやすくなります。

STEP25 ルアーを操作して釣る!・取り込み編

足元までシーバスを寄せたらいよいよ取り込み(ランディング)です。慣れないうちは、誰かにネットを持ってもらい、手伝ってもらうようにしましょう。

Dcad52ed 7a8c 41e0 a555 85b77d98dac5

シーバスを足元まで寄せて水面にでたら、ネット(ライディングネット)ですくいます。シーバスの頭からネットへと誘導して入れるようにします。ネットでシーバスを追わないように注意しましょう。慣れてくると1人でもできますが、最初は難しいので仲間と行ってすくってもらうほうが確実です。
シーバスの口からルアーのフックを外すときは、必ずプライヤーを使ってください。シーバスは暴れますし、エラが刃物のように鋭くてとても危険です。

ここでお伝えしたのは基本的なことなので、あとは釣り場に通いながらどんどん上達して、シーバスフィッシングを楽しんでください!

ページTOPへ
釣果ナビ釣果ナビ