アシストフックの結び②

アシストフックの結び②
  • 分 類なし
  • 学 名なし
  • 英 名なし
  • 別 名なし

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

特徴

アシストフックを作る②

釣り糸がナイロンなら細くて高強度なPEラインに替わった1990年代に『ジギング』が考案されました。当時の輸入品のジグにはトレブルフック(三本イカリ針)が付いていました。激しくしゃくったときPEラインは伸びが小さいのでジグの動きが激しくて針が糸に絡む問題が多発しました。そこで考案されたのが現在主流になっているアシストフックのスタイルです。青物はジグ本体を目掛けて食べてくるのでテール(後ろ)でなくフロトアイ(輪)に針を装着します。アシストとは補助的な意味合いですが、当時はテールにトレブルフック、フロントにアシストフック装着する時代があったなごりの名前です。
現在はケプラーだけでなく新素材も発売されています。刃の鋭いタチウオなどにはワイヤーが有効です。

0ce908ad 8314 45b5 ad09 0c58939a5fe9

1.スプリットリングにケプラーを通す。ケプラーの長さは実際の2倍以上とる。

Ad0b2137 51d8 44eb 8e42 e6c52612b718

2.ニードルをケプラーの端から入れ、先端のケプラーをつまんで引き出す。

73e93850 973b 4113 a975 11d2519a2c2c

3.ケプラーの長さを調整して先端の穴にハリを通す。

4ec92733 4f4c 41c1 b2ff 055703869c0f

4.ハリとケプラーを巻きつけて固定する。

6dfaef12 bd5b 4c59 94aa 75039554df51

5.熱収縮チューブを入れると結び目の強度が保たれる。

協力・株式会社ケイエス企画

ページTOPへ