ホッケ【𩸽】

ホッケ【𩸽】 イラスト:小倉 隆典
  • 分 類カサゴ目アイナメ科ホッケ属
  • 学 名Pleurogrammus azonus
  • 英 名Arabesque Greenling
  • 別 名ホッキ、ドモシジュウ、ピリカ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

04164f98 c89c 4e69 ba9f c0969e47ba0a

茨城県以北の太平洋岸、対馬海峡以北の日本海、オホーツク海南部、千島列島に分布している。とくに、北海道の積丹、礼文、羅臼はホッケの産地として知られる。
同じ属に分類される近縁種に、キタノホッケがいる。こちらは本種よりも寒冷で水深の深い海域を好み、北海道東部の太平洋岸からオホーツク海、千島列島、ベーリング海に分布している。


特徴

Eb57c877 258e 475a 879a 95c083a692e4

体形は紡錘形で、幼魚期のものは青みがかった体色からアオボッケ、体長20㎝ほどに成長した1年魚はローソクボッケ、中型のものをチュウボッケ(またはマボッケ)、全長50~60㎝ほどで岩礁に着くようになった大型をネボッケという。
背側に茶褐色から黄褐色の斑模様があり、腹側は黄白色。産卵期には、雄はコバルト色に鮮黄色の唐草模様、雌は暗褐色の地色に黄色い模様が現れる。同じ科のアイナメと似るが、背ビレに切れ込みがないこと、尾ビレが深く切れ込むところが異なっている。
キタノホッケは体側に5~6本の暗色の横帯があり、地色は本種に比べて黄色みが強い。そのはっきりとした縞模様から、産地や流通の場では「シマホッケ」と呼ばれることのほうが多い。


性質

通常は、水深100m前後の沿岸の岩礁帯から沖合の海底に棲息するが、カサゴ目の魚類としては珍しく、広く回遊するのが特徴。
産卵期は、北海道では9~11月頃で、本州沿岸域では遅く12~翌2月頃。産卵は水深20mまでの沿岸の岩礁帯で行われる。縄張りをもった雄が、雌に求愛運動をし、岩のすき間などに粘着性の卵を産む。産卵は何回かに分けて行われ、雄がエサもとらずに卵の保護をする。これはアイナメなどにも同様の習性がある。産卵を終えた親魚は、再び沖合の深場へ戻る。
幼魚は、表層近くでエサの動物プランクトンを求めて比較的広範囲を回遊しているが、成長するにつれて底棲生活に移る。
成魚は小魚や甲殻類、底生生物などを食べる動物性食。通常、3年で成熟するが、なかには2年で産卵をするものもいる。


文化・歴史

第二次世界大戦後の食糧難の時代には、盛んに獲られて関東地方にも配給されてきたホッケだが、当時はあまり冷蔵技術が発達していなかったため、新鮮な状態で運ばれたとはいえず、「ホッケはまずい」という悪評が一般的であった。
しかし、北海道近海でニシンが獲れなくなると、代替品としてホッケの需要が急増。その後は、流通や冷蔵技術の発達により、鮮度を損なうことなく各地に出回るようになると、脂の乗りと独特の食感が好まれるようになり、ホッケの開き干しは全国的に定番料理として食べられるようになった。
ホッケという名は、北方(=ホッケ)でとれる魚だからという説と、開拓時代に道内で法華経を説いて歩いたお坊さんがホッケの効用を同時に説いていたということからという説がある。
アイヌ語では、ホッケの幼魚が色が青く美しいことからピリカ(アイヌ語で美しいという意味)と呼ばれている。


釣り方

3d3b63c5 b1f3 44c9 b321 b9a0184dd467

産卵期に浅場に寄ってくる抱卵ボッケや産卵後に荒食いする春ボッケは、堤防や磯などからの釣りが手軽に楽しめる。
水深100mほどに棲息する成魚は、船釣りで狙うのが一般的だ。

【サビキ釣り】

A849f7bc 2fbc 4a2f af5f af6abd0c6de3

サビキ(枝状に5-10本の針が付いた仕掛け)釣りの場合、適度に潮が効いている堤防や岸壁が狙い目で、足元に寄せエサを効かせてホッケの群れを集めることが大切。
竿は磯竿やルアーロッドなどを使用。ミチイトは2号程度でも強度的には問題ないが、オマツリ(他の人の釣り糸ががからむこと)したときの対処が簡単な様に、若干太めを使うのが数釣りのコツだ。仕掛けは、市販のホッケ用サビキ仕掛けを使うのが便利。サビキの種類はスキンやハゲ皮などが定番だ。オモリのサイズは釣り場の水深で使い分けるのが基本で、入れ食い状態のときは重めを使うと手返しがよくなる。
ときどき竿先を上下に動かして誘いを入れつつ、竿先にアタリが出たら確実に竿を立ててアワセを入れる。

【投げ釣り】

B36f81c4 4b1e 4eff b215 b8512c224e81

堤防や磯からの投げ釣りでもホッケは狙える。沖の根(海底にある岩場)に着いた50㎝超の大型が釣れることも魅力だ。釣り場によっては、良型のカレイやアイナメなどが交じることも多い。
ホッケは中層も回遊する魚なので、付けエサを浮かせるために胴付き仕掛けを使うのが一般的。付けエサはサンマの切り身のほか、釣具店で売られているマグロの切り身やイソメの塩漬けなどを使用する。また、最近はコマセカゴを仕掛けにセットして、寄せエサを効かせて釣る人も増えている。

【ウキ釣り】

80825c8e f80d 4bfb 9766 dfb47c0407ae

春先、浅場へ寄ってきたホッケの大群は、ウキ釣りで狙うのが楽しい。足元から深くなっている磯場が狙い目で、北海道では積丹半島の釣り場が人気となっている。
タックルや仕掛けは、本州でクロダイやメジナなどを狙うもので通用する。魚をゴボウ抜きにする場合は多少頑丈なもの、逆にホッケが食い渋っているときには細めの仕掛けを使い分けてみるといいだろう。ウキは波があるときは円錐ウキ、凪のときは自立ウキが使いやすい。付けエサはオキアミを使用する。
この釣りでは、寄せエサでホッケの群れを寄せることが釣果に直結する。寄せエサは、解凍したアミエビに専用の集魚材を混ぜたり、砂を混ぜて比重を重くして使う人もいる。これをヒシャクで少しずつ、かつ、途切れないように撒いていくのがコツ。
ホッケのタナは浅めで、ひとヒロ(約1.5m程度)が目安。ときどき竿先で誘いを入れながら仕掛けを流していく。大物ほどアタリは小さいので、波で上下するウキの動きに違和感を感じたら、確実にアワセを入れていこう。

【ルアー釣り】

2e82c050 5286 44a2 8a9e bbc6c02fd61e

ホッケはルアーにも果敢にアタックしてくるため、エサ釣りにも遜色のない釣果になることも少なくない。
タックルは、ミディアムライトのシーバス用ロッド7~9フィートと小型スピニングリールの組み合わせ。磯で楽しむならロッドは10フィート(3m)前後が使いやすい。ルアーはメタルジグ(20g前後)やミノー(10㎝前後)、ジグヘッド+ソフトルアー(2インチ)などが使える。ミノーはディープダイバー系をメインに使用する。
釣り方はルアーをキャストした後、ホッケが回遊するレンジ(層)までカウントダウンしてからスローリトリーブしてくる。

製品例
メタルジグ


料理

D59e37d0 64fd 4277 9fb3 2c9835f725d3

開き干し

1778cb61 7337 4ee4 bf0a 373b9d33707e

塩焼き

0fa4f38c 090d 4307 917d a1f67341a861

フライ

ホッケといえば開き干しが定番。海水程度の濃さの塩水に漬けた後に干しあげたものは、ウマミが凝縮されてプリプリとした身が極上の味わいだ。最近では国産のホッケを使ったものは高級品になっており、おいしい開きを食べられるのは釣り人ならではの楽しみとも言える。
ほかにも、塩焼きや煮付け、唐揚げなどがおいしく、フライなどはホクホクとした食感で非常に美味。すり身にしてカマボコや汁物に入れたりすることもある。
釣れたての新鮮なものは刺身でもおいしいが、アニサキスなど寄生虫の可能性があるので、一度凍らせてからルイベで食べるのが無難だろう。

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

ページTOPへ