ヒラスズキ【平鱸】

ヒラスズキ【平鱸】 イラスト:小倉 隆典
  • 分 類スズキ目スズキ科スズキ属
  • 学 名Lateolabrax latus
  • 英 名Japanese seaperch
  • 別 名モス、ヒラ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

3456a45b c125 46d3 a7bf a177a2c8193b

日本には3種類のスズキが棲息している。
1種目がスズキで、シーバスやマルスズキなどとも呼ばれ、釣りではもっとも一般的な種類である。
2種目がタイリクスズキ。もとは中国沿岸、台湾、朝鮮半島西岸に分布し、日本沿岸には分布していなかったが、養殖用に輸入された個体が逃げ出して野生化した外来種である。
そして3種目が本種で、房総半島および能登半島から屋久島までの沿岸、朝鮮半島南岸、済州島周辺に分布する。沖縄には棲息しないと考えられているが、ごくまれに釣りや漁などで捕獲されることがある。


特徴

028efd76 3af3 4c1d 8be9 7df35d13009f

全長は最大で1mを超える。スズキによく似ているが、和名の通りに体高がより広く、平たい体型をしている。スズキと比べて吻がやや長い。また、尾ビレの付け根が太く、切れ込みも浅いこと、さらに、側線下方鱗や背鰭軟条数などで区別することができる。体色が銀白色に近く、頭に対して目が大きいこともヒラスズキの特徴のひとつだ。
よく、スズキとヒラスズキの違いは、下アゴにある鱗列といわれているが、スズキやタイリクスズキにもこのような鱗列のある個体が見つかっているため、分別するポイントとはいえない。


性質

スズキよりもやや暖かい海域を好み、外洋に面した暖流の影響を受ける沿岸に棲息している。
ヒラスズキは、生理・生態など不明な部分が多い魚であるが、凪の日には水深30mほどの海底に群れるヒラスズキの大群が確認されたことがある。磯場に着くヒラスズキは、波が立ち、磯まわりにサラシができることによって、捕食のために沖合いの深場から上がってくるものと考えられている。
JGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)では、タグ&リリース(標識を打って再放流)による調査を積極的に行っている。その調査によると、外房・白浜の磯で2005年12月12日にリリースされた叉長52㎝のヒラスズキが、2007年1月10日、三重県熊野灘・贄浦の定置網で再捕された。そのときの叉長は61㎝だったことから、約1年1ヶ月で9㎝成長したことになる。
外房でリリースされ、紀伊半島で再捕されたのは、これを含み2件。ほかに、駿河湾でリリースされ、紀伊半島で再捕された例も1件ある。このことから、太平洋沿岸のヒラスズキは黒潮に沿って、かなり広い範囲を移動している魚であることが明らかになりつつある。
スズキ同様、季節によってはカニの幼生や小型のイカを捕食するが、主なエサはイワシをはじめとした小型回遊魚だと考えられている。大型のヒラスズキの胃からは、30㎝もあるトビウオやダツが出てくることがある。また、磯場ばかりでなく、大雨のあとなどは河口にも入ってきてエサを捕食する。


文化・歴史

ヒラスズキは、200万年以上も前にスズキと共通の祖先から枝分かれして、高塩分域に棲めるように進化した魚である。
1957年以前は、スズキ科にはスズキの1種だけしかいないと考えられていたが、沿岸漁業者の間では2種類のスズキがいることが知られていた。魚市場の競りでは、値の高いスズキと安いスズキとに分けて扱われていたという。そんななか、魚類学者の片山正夫博士がこれらのスズキをくわしく調査したところ、漁業者の言うように2種類のスズキがいることが明らかになった。そして、1957年に新種のスズキをヒラスズキとして命名し、発表。これがヒラスズキの誕生である。
資源の絶対量が少なく、網でも偶発的にしか獲れなかったため、市場への入荷はほとんどなかったヒラスズキだが、近年増加の傾向にある。これは、ヒラスズキが養殖されていることや、海の温暖化の影響で漁獲量が増えているためと考えられる。


釣り方

56463be8 c38d 46d8 ba59 1f369ba51e64

ヒラスズキはサーフや河口域でも狙うことができるが、主に岩磯帯を好んで棲息する魚であるため、地磯や沖磯がメインフィールドとなる。釣り方はルアーフィッシングが人気で、フライフィッシングや泳がせ釣りでも狙うことができる。
海が荒れれば荒れるほど食いつきがよく、そのタフさゆえに手にしたときの感動も大きい。ただし、荒れた海では危険も隣り合わせ。安全装備を完備し、ぐれぐれも油断することなく釣りを楽しみたい。

【ルアーフィッシング】

4648d617 3892 4970 956d e2f480e3f0e5

ロッドは11~15フィートのシーバス用が基本で、釣り場に応じて長さを使い分ける。ルアーは、フローティングミノーを中心に、トップウォータープラグ、シンキングペンシル、メタルジグなどを使用。いずれも、飛距離が出てサラシの中でも安定した泳ぎをするものを選びたい。カラーは、日中はリアル系、朝夕はパールやレッドヘッドなどのアピール系がお勧めだ。
磯場の釣りは「サラシを狙え」といわれるが、これはヒラスズキがサラシと呼ばれる白泡の下をフィーディングスポットとしているため。サラシが広がるタイミングを見計らい、サラシの向こう側にルアーを落とし、その中を引いてくる。ヒラスズキは、海底の根などに寄り添うようにしてベイトを待ち構えているので、キャストは正確に行うことが大切だ。ヒットしたら、岩でラインをこすらないよう慎重に寄せてくる。大物は、寄せる波に合わせて、陸側に寄せ上げるように取り込もう。

製品例
ミノープラグ
■関連釣り方解説
シーバスルアー釣り入門(マルスズキ編)

【フライフィッシング】

9c053168 55fe 4e7f 86b0 cfef3b5ee472

フィールドや条件が限られるが、ヒラスズキはフライ(羽や動物の毛で昆虫や魚に似せた毛針)でも釣ることも可能だ。
ロッドは、錆びにくい素材でリールシートなどが作られているソルト用がお勧め。こうしたロッドは、バット部分が強く作られているので、大型魚とのファイトでも安心だ。フライは、自分好みのストリーマー(イワシなど小魚に似せたフライ)でOK。クラウザーミノーやデシーバーといった定番ソルトフライをはじめ、キャンディーフライ、シリコンフライ、また、ラビットスキンで巻いたゾンカーパターンなども有効だ。
キャストは、波がくる状態を見ながら行い、なるべく波がくる合間にリトリーブ(キャストしたフライを手前まで引いてくる)ができるようにする。リトリーブスピードは、波や水の流れに応じて行う。流れに対して逆引きになる場合はゆっくりと、その逆の場合は流れに負けない速さで引くのがポイントだ。
アタリは、突然ゴツンと手元にきたあと、ググッと首を振るような振動がラインに伝わってくる。このとき竿をあおってアワセを入れず、ラインを素早く1~2回たぐり、リトリーブでアワセを入れるのがコツ。この方法なら、食い損なった場合でも再度アタックしてくる。ヒット後は、岩などの障害物にティペット(ハリス)が擦れないように竿を立てて魚を浮かし、取り込みやすい場所に誘導しよう。


料理

08482ae5 c597 4dcb 9a7a 96b1dc6ebd47

刺身

5523bbcc 742b 4225 bee9 c13013131353

ホイル蒸し

ヒラスズキは個体数が少ないため、ゲームフィッシングではキャッチ&リリース(釣った魚を持ち帰らないで逃がしてやること)が原則とされているが、ダメージを与えてしまったものに関しては、持ち帰ってそのおいしい白身を味わってみるのも悪くない。冬~春が、よく脂がのる旬である。
スズキには、川魚のような匂いがあるが、ヒラスズキには皆無。身質も異なり、とくに刺身は抜群においしい。その他、ムニエル、フライ、ホイル蒸しなどにしても美味。皮の湯引きも試してみたい味だ。

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

ページTOPへ
釣果ナビ釣果ナビ