ハングマンズノット

ハングマンズノット
  • 分 類なし
  • 学 名なし
  • 英 名Hangman's Knot
  • 別 名首吊り結び

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

特徴

ハングマンズノットとは

ルアーを素早く簡単に結ぶのに最適な方法の一つです。アメリアのバスプロがカッコ良く、素早くこのノットでプラグを結ぶのをよく見ます。日本では冬のトラウト管理釣り場で手がかじかんだ状態で結びやすいと好評です。海のルアーフィシングではPEラインがほつれないように結び目を留めるときにとても便利です。実際にFGノットPRノットはこの結びを応用します。「hang」は「吊るす」で、「hangman」は「絞首刑執行人」という意味で絞首刑のときに使われるロープの結び方で別名「首吊り結び」と言います。

0d9a86af f02d 454a b1f9 96a219b17377

1.ルアーのリングにラインを通し、親指に掛ける。

Caa603a4 3c6e 4e2f b76f 9110705fdacd

2.端線を垂らしたラインに5回巻きつける。

70fa34f4 9da1 4790 b97f 79383c118ce1

3.親指の中に端線を通す。

62c9c78c 2b39 471a ae77 b81587f8e5f5

4.指を外し本線を引いて結び目を締める。

Fded3276 b642 4f02 9643 d4fe7f6f202f

5.最後まできっちり締めたら余分なラインをカットして完成。

協力・株式会社ケイエス企画

ページTOPへ