カワハギの肝コク鍋

カワハギの肝コク鍋
  • 分 類フグ目カワハギ科カワハギ属
  • 学 名Stephanolepis cirrhifer
  • 英 名Thread-sail filefish
  • 別 名ハゲ、ハギ、バクチ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

料理

絶品の肝をみそ味で

鮮度のいい肝を使って作る鍋は、釣り人の特権。肝を入れるとスープにコクが出る。みそ味の鍋は、肝はなくてもサバやイナダなどの青もので作っても、なかなかいける。

●材料/3人分
カワハギ・・・・・・・3~5尾
白菜・・・・・・・・・・5枚
ネギ・・・・・・・・・・1本
焼き豆腐・・・・・・・・適宜
キノコ類・・・・・・・・適宜
みそ・・・・・・・・・・適宜

カワハギの肝コク鍋の作り方

鮮度が命の肝を使う鍋なので、やはり釣りたての魚が最適。カワハギの肝が多いほど、濃厚な味が楽しめる。肝や内臓を取り出す際は、胆のう(緑の玉状のもの)をつぶさないように注意しよう。これとつぶしてしまうと、苦くなってしまう。みそベースだが、お好みで唐辛子や豆板醤を入れてもおいしくいただける。

Aa8bbf5b c92c 4048 a530 e4e6b22db8a2

①カワハギは皮をはぎ、内臓を処理して肝を取り出す。小さいカワハギだったら、丸ごと鍋に入れても大丈夫だ。

8084ad87 cb84 40f1 b183 eb4ed78951bd

②鍋にはあらかじめ具材を入れておく。今回はカワハギのほかにシイタケ、エリンギ、シメジ、エノキ、焼き豆腐を入れてみた。

B235433a b5b4 49fb 9de3 a408475d42e6

③肝は塩水で洗い、ペーパータオルなどで水気を切ったのち、包丁でたたいてペースト状にする。次に別の鍋に濃いめの味噌汁を作り、ペースト状になった肝を溶き入れる。

9a61dccb 85bf 4e06 b6a4 f396a62688ab

④スープの味が調ったら、先ほどの具材を盛り付けた鍋に入れ、火にかけて煮込めば出来上がり。唐辛子や豆板醤を入れると、ピリッとして、また別の味わいも楽しめる。

Dc5167dc b4d1 4345 aa85 62b66ee59390

【料理監修:森山 利也】

千葉県富津市で居酒屋「はいから屋」を25年営み、現在は築地場外市場で曜日限定の店「JOJO BAR」をプロデュース。自ら店に立ち旬の魚や自家製の野菜など、新鮮な食材を使った様々なメニューを楽しめる。
そして包丁捌きの基本や海に関わることを学べるリアル「森山塾」も主宰。
また、ベテランの釣り人として各方面で活躍し、豊富な経験と見識を持つ。
上記は森山氏がビギナーにも無理なく作れるものとして紹介していただいたおすすめ料理だ。


【協力:株式会社 舵社】

参考本:スクラップブック of 釣果料理
http://www.kazi.co.jp/public/book/bk04/5126.html

4人の達人が贈る、全38魚種、144種のレシピを掲載
『ボート倶楽部』の連載や特集記事の中から、さと丸、森山塾長、Mr.ツリック、ウエカツ水産の4人が書いた釣果料理の記事だけを厳選&抜粋して集めた単行本。
釣った魚をおいしく食べる達人たちのおすすめ料理を作れば、みなさんの家の食卓が豊かになること間違いなし。

ページTOPへ