イナダのサーフトローリング(入門者向け)

イナダのサーフトローリング(入門者向け)
  • 分 類スズキ目アジ科ブリ属
  • 学 名Seriola quinqueradiata
  • 英 名Japanese amberjack、Five-ray yellowtail
  • 別 名ツバス、ハマチ、メジロ、ヤズなど

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

釣り方

青物の強烈な引きを味わおう!

サーフトローリングは、和製のルアーである「弓ヅノ」と呼ばれる擬餌バリで、ワカシやイナダ(ブリの仔魚)、ソウダガツオ、サバといった回遊魚を狙う爽快な釣り。仕掛けを投げてリールを巻くことができれば成立する釣り方なので、ビギナーでも手軽に回遊魚のスリリングなファイトを体験できるのだ!

サーフトローリングの魅力

サーフ(海岸)トローリングは使用する道具類が少なく、とりあえず手持ちのタックルで気軽に始められることが大きなメリット。準備も簡単なので、仕掛けをキャストすることさえできれば、子供や女性でも気軽にチャレンジできるのだ。
また、メタルジグなどを使ったルアーフィッシングでは、回遊魚が小さなシラスなどを捕食している場合には全然釣れないことがあるのに対し、シルエットの小さい弓ヅノならルアーマンを尻目に入れ食いになることも珍しくない。キャストに慣れてしまえばルアーでは届かない沖のナブラ(海面でエサを捕食している魚の大群)を攻めることも可能だ。初心者にとっては、もっとも取り組みやすいスリリングな釣りのひとつといえるだろう。

サーフトローリングの主なターゲット

43a480e2 688e 4f49 912a a84b2194f8e0

ワカシ、イナダ/ブリの仔魚で、弓ヅノに対する反応が抜群によい。基本的には上〜中層で釣れることが多いが、状況によっては底層でも食ってくる。

1b454102 f0bd 4c73 af28 f382d318db31

ショゴ(カンパチ)/比較的底層を泳ぐ魚だが、活性が高くなると中〜上層の弓ヅノにもアタックしてくる。サーフで釣れるのは、30〜40㎝のショゴ級が多い。

C88a1a9f 55fc 468a b54c f383be614815

ソウダガツオ/サーフトローリングでは定番のターゲット。ヒラソウダとマルソウダ(写真)の2種類がいるが、どちらも釣り方は表層での速引きが基本だ。

8319064b ebef 4ab8 b9f4 0fc70da975f7

サバ/シーズン初期からロングランで狙える好ターゲット。30㎝級がよく釣れるが、ときに40㎝オーバーもヒットしてくる。こちらも表層の速引きが定番。

サーフトローリングが楽しめるフィールドとシーズン

D66bdd6e e22a 402e 9828 9107dc77f491

潮通しがよく、エサとなる小魚が豊富なサーフ(海岸)が定番のフィールド。海水浴場のような遠浅海岸より、ドン深の海岸のほうが有望だ。また、外洋に面した堤防や岸壁などは遠投しなくても釣れることが多いので、初心者にもお勧めの釣り場といえる。
シーズン的には、水温が上昇して回遊魚が沿岸まで寄ってくる初夏〜秋がベスト。ただし、エリアによっては冬でも楽しむことができる。

サーフトローリングのタックル

81acd6b8 389f 4f80 9b3b 336bfe12c88b

本格的なサーフトローリングでは、遠投重視で硬めの投げ竿や磯竿が使われることが多い。しかし、初心者にオススメするのは、軽量で扱いやすいシーバスロッド。これでも、慣れてくればかなりの遠投が可能になる。竿の長さは9フィート前後でいいだろう。
リールは、中型のスピニングをセット。ミチイトとして、PEラインの0.8〜1号を150〜200mほど巻いておく。

サーフトローリングの仕掛け

8a33c7c0 5508 4155 bfc6 c867817ccc4c

ハイシーズンになれば、岸ぎわまで魚が回遊してくることも増えるため、このようなライトタックルでも十分に楽しめるのだ。

「弓ヅノ」の選び方

228fc2c0 1c15 4752 8a75 c79766aa5ec6

弓ヅノの構造はシンプルで、細長いボディ材の末端にハリが差し込んであるだけだ。ボディの形状を多少湾曲させてあるため、海中で引くと水流を受けてクルクルと回転し、魚にアピールする。ボディの材料は、水牛の角やアワビの貝殻といった天然素材が使われてきたが、現在では入手しやすくて丈夫な樹脂(アクリルなど)素材の弓ヅノが定番となっている。
弓ヅノを選ぶ基準は、「サイズ」と「カラー」。サイズは長さ4㎝前後が多用されているが、状況次第で5〜6㎝が効果的なこともある。カラーは、回遊魚が捕食している小魚に合わせて、イワシなら白かブルーを、シラスなら透明が目安となる。また、潮色が濁っていたり曇天時には明るめ、潮が澄んでいたり日中にはクリア系や地味系を選択するのがセオリーだ。ただし、状況によってはセオリーとは逆が正解になることもあるので、いろいろとローテーションしながらヒットに持ち込みたい。

製品例
弓ヅノ

トレーラーの種類

Fc63520e 3b0f 4c7f 96ec c7568e9fea15

【ジェットテンビン】

1f63a9a9 8ca1 4f60 a2ec c36a761d19a0

【マウス】

弓ヅノは非常に軽量なので、単独でキャストすることはできない。そこで、仕掛けに併用して使うのが、テンビンオモリや飛ばしウキなどの「トレーラー」だ。
基本的な考え方としては、表層狙いなら「マウス」などと呼ばれる飛ばしウキ系、深いタナを狙うならテンビンオモリを使用する。ただし、テンビンオモリを高速引きして水面を狙ったり、シンキングタイプの飛ばしウキで中層を狙うこともできる。

製品例
マウス

仕掛け作りに用意したいパーツ

E675e386 ffd9 424c 9334 cb068c9af87e

【ハリス】 フロロカーボン製の4~5号を使用。ハリスの太さは魚の食いに影響しないので、より太めを使っている人もいる。長さは1〜2m程度にすると扱いやすいだろう。

65b7f2c3 5a8f 4222 8d0e 4c5e3467bd85

【スナップサルカン】 弓ヅノは回転しながらアピールする仕組みなので、ハリスのヨレを軽減するため、スナップサルカンを介してトレーラーにセットするとよい。サルカンはベアリングタイプを選ぶと、よりイトよれを防ぐことができる。

弓ヅノとハリスの結び方

D018bf50 5be7 4c88 946f 8bf6a90c3da8

弓角をハリスに結節する方法は、ボディの内側(ハリ先がある側)からライン穴にハリスを通し、その先端に大きめの結びコブを作って、しっかりと引っ張るだけ。結び方は、8の字結びが簡単だ。

サーフトローリングで狙ってみたいポイント

A69f2a05 495b 4e54 9abb 5412d5e64b41

【潮や地形の変化】
回遊魚のエサとなる小魚は、潮や地形の変化に着く。海岸の場合は流れ込みや払い出しの潮、堤防の場合は先端付近をチェックしたい。

25eb5d6b ed42 4802 a9dd 09d7412d1108

【鳥山、ナブラ】
鳥山やナブラは一番わかりやすい標的で、とくに早朝の時合いで発生しやすい。ただし、こうした状況が見えなくても、釣れるケースは多い。

回遊魚の基本的な攻略法

84b6ad1c 0c97 4fc8 863e bd82e09230e8

早朝に釣りを開始する場合、魚の活性が高まっていることを想定して、仕掛けをポイントまでフルキャストし、着水後すぐさま高速で引いてくるのが基本だ。マウスを使っている場合は、水面に飛沫が上がることで魚にアピールする。ジェットテンビンの場合は水面直下を引くのがセオリーだが、高速引きして海面をスキップさせる方法もある。
表層引きではなかなか食わない場合、弓ヅノをチェンジする前に中〜底ダナを探ってみよう。とくに、日頃から釣り人に攻められている人気釣り場、あるいはシーズン終盤の釣り場では、魚のタナが下がっているケースがあるためだ。

実際の釣り方

503f9a40 1c75 4adc a0d4 886775a440b5

1 ナブラなどが発生していない状況では、とりあえず仕掛けをフルキャストして探ってみるのが基本。空いている釣り場なら広角で攻めるのも方法だが、混雑している場合は自分の正面に向かって粘り強くキャストを続けてみたい。

64147474 3301 473d aabf 6ad45a8b6799

2 弓ヅノを引く速度は、1秒間にリールのハンドルを3回巻く程度の高速が基本になる。ただし、状況によってはスロー引きが効果的なこともあるので、アタリがないときは適宜試してみたい。

A5b56090 cd8a 4f21 b710 dce740770901

3 多くの場合、高速で引いている弓ヅノに魚が食ってくると、そのまま向こうアワセ状態でハリ掛かりしてくるので、竿を立てながらリールを巻き、さらに確実にフッキングさせたい。その後は一定の速度でリールを巻き、ラインテンションを保ったまま魚を寄せてこよう。

6b30353c daa4 494c b114 6652a86c5391

4 堤防や岸壁の場合、魚が足元まで寄ってきたらトレーラーを竿先ギリギリまで巻き込んで、魚の頭が自分のほうを向いた瞬間に、タイミングよく竿を立てて一気に抜き上げる。
砂浜の場合は、魚が足元まで寄ってきたら、自分が後ろに下がりながら魚を浜辺にズリ上げればOKだ。


分類・分布

0b69541e 4aa9 4669 8ca3 95a06bc3e197

ブリは、スズキ目アジ科に属する大型肉食魚。温帯性の種類で、黒潮と対馬暖海域の沿岸水帯に分布し、日本の沿岸各地、そして北はカムチャッカ半島の南部、南は台湾までに棲息する。
季節によって棲息域を変える回遊魚であり、春~夏には沿岸域に寄って北上し、初冬から春には沖合を南下する。ただし、温暖な南方海域では、回遊せずに瀬着きになるものもいる。


特徴

5147f69e 1ef9 404a b8fe 100accd00bc7

ブリ

A5f04fce 98fd 40e0 bcd0 59d8f861da3b

ヒラマサ

成魚は最大で全長150㎝、体重40㎏の記録があるが、通常は全長100㎝、体重8㎏程度までである。体は美しい紡錘形で、あまり側扁しない。背は暗青色で、腹は銀白色。吻端(ふんたん)から尾端(びたん)までの体側中央部に、1本の幅広い黄色の縦帯がある。背ビレと尾ビレの付け根が窪んでいるが、これは高速で泳ぐときにヒレを体に密着させるためである。
ブリには、頭が大きくて痩せているうえに側線の際立つもの、逆に、頭が小さくて太っているものと2タイプある。前者は九州などの南海域に棲息する瀬着きのキブリで、後者は回遊するタイプのアオブリと分類されているが、どちらも同じブリである。
同属種のヒラマサとよく似ているが、ブリは上アゴ上後端が角張ること、胸ビレは腹ビレより長いか同長であること、体はあまり側扁しないこと、黄色い帯がやや不明瞭なことで区別できる。
写真左がブリ、右がヒラマサ。ブリは上アゴの上後端が角張っているのに対し、ヒラマサの場合は丸みを帯びていることで区別することができる。


性質

7aa180a4 b23a 47d0 9afc eb7c1482a738

通常は群れをつくり、やや沖合の水深100m程度の中層から低層を遊泳する。生活圏は海底〜表層まで広範で、とくにワカシの頃まではこの傾向が強いが、ワラサ、ブリ級に成長すると中層〜底層が主な生活圏になる。
生後約3年で産卵を始める。産卵場は薩南海域や足摺岬沖などいくつか知られているが、東シナ海の水深200mの大陸棚縁辺部が主な産卵場になっている。東シナ海では2~3月、九州近海では4~5月が産卵のピークで、1腹で約100万個の卵を産む。
卵の大きさは直径約1.3㎜で、水温約20℃で2~3日で孵化。生まれた稚魚は尾叉長3㎝くらいの大きさで、流れ藻に着き、「モジャコ」と呼ばれる。体色は流れ藻と同じような黄褐色をしており、それが黒潮と対馬暖流に流され、太平洋と日本海を北上していく。
尾叉長7㎝の大きさになると「ワカナゴ」と呼ばれ、流れ藻を離れて沿岸の浅い場所に移動し、内湾や内海で生活するようになる。体色は背が青っぽく、そして腹が白っぽく変化していく。3歳になると尾叉長60㎝、体重3㎏ほどになって成熟し、夏に北上して秋に南下して産卵場へ戻るという南北大回遊をする。
典型的なフィッシュイーター(魚食魚)で、夜間も捕食活動をする。成長が極めて早いだけに食欲も旺盛だ。稚魚期は小型の甲殻類を食べ、若魚になるとカタクチイワシ、イワシ、コオナゴ、アジ、サバ、イカなどのほか、シラスやアミなどの動物質のエサを活発に摂取する。


文化・歴史

ブリは日本においては重要な食用魚であり、古くから親しまれてきた。文献上には500年前の室町時代・明応年間(1492~1501年)に 「はまち」という名で登場している。人間生活との深いつながりは、出世魚として各地で多数の呼び名を残した。
東京では、そのサイズに従って全長20㎝くらいを「ワカシ」、30~40㎝を「イナダ」、50~60㎝を「ワラサ」、70㎝以上を「ブリ」と呼ぶ。大阪では「モジャコ」「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」。ブリの本場・富山県では、「コズクラ」「フクラギ」「ガンド」「コブリ」「オオブリ」と、さらに細かく分けられている。その他、「アオ」「イナラ」「サワズ」「ハナジロ」「ワクヨ」など、全国で約100の呼び名があるといわれている。
ブリは大晦日の年越しの膳に饗される、いわゆる「年取り魚(としとりざかな)」に使われる特別な魚である。日本列島を東西に二分する大地溝帯(フォッサマグナ)を境にして、年取り魚は東日本のサケ文化圏と、西日本のブリ文化圏に分かれている。冬の時期、サケは太平洋から遡上してきて東北地方でよく獲れる魚。一方、ブリは日本海から南下してきて富山湾や若狭湾でよく獲れる魚だ。サケ、ブリともに冬に向けて獲れる魚であり、保存すれば長期にわたって食べられる貴重なタンパク源だったため、年取り魚とされてきたのである。
ブリを年取り魚とする風習は、初代加賀藩主・前田利家の時代からあったといわれている。また、富山県氷見市に古くから残る文書では、ブリは出世魚ともいわれ昔から縁起のよい魚として大切にされてきた。富山県や石川県では、嫁の嫁ぎ先にブリを送る「嫁御鰤」という風習があるが、これは、お婿さんの出世を願い、嫁が嫁ぎ先で苦労しないようにという親の思いが込められているという。
ブリは古くから養殖されてきた魚。1960年頃から養殖が盛んになり、1971年には天然ブリの漁獲量を上回り、1978年には天然ブリの漁獲量の3倍以上となり、現在に至っている。


料理

34fe2eb1 5807 4913 a645 c257a0b52e5a

照り焼き

Dc426526 3fd2 4ed2 9666 f7e49d4a5e62

かぶと焼き

ブリを「鰤」と書くのは師走に旬を迎えるからだといわれているように、産卵期前で脂が乗る12~2月の厳寒期が旬。この時期の「寒ブリ」は、同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味がある。
また、ブリの身はタンパク質、脂質に富んでいる。脂質には、血栓性疾患を防ぐEPAや脳細胞を活性化するDHAが含まれる。ビタミンB1、B2、また、若返りのビタミンといわれているビタミンEなども多く含んでいる。
ブリは捨てることろなく楽しめて、冬に不足しがちな栄養も補ってくれる貴重な魚といえる。
料理法は幅広く、刺身、たたき、寿司、しゃぶしゃぶ、味噌漬け、照り焼き、塩焼き、また、アラはかぶと焼きや大根などとの炊き合わせに用いられる。出世魚で縁起がよいこともあり、西日本では御節句料理に欠かせない食材とされており、とくに富山県や石川県では、かぶら寿司の食材として重用される。
照り焼きにする場合、フライパンを使うのが簡単だ。作り方は、フライパンに油を敷いて切り身サイズに切ったブリを入れ、両面を焼く。ブリから出た脂を拭き取り、醤油・ミリン・酒を入れ、煮詰める。トロみがついてきたら、魚の裏表にタレを絡めて完成だ。

ページTOPへ