アオリイカのガーリックソテー、イカ納豆

アオリイカのガーリックソテー、イカ納豆
  • 分 類ツツイカ目ヤリイカ科アオリイカ属
  • 学 名Sepioteuthis Lessoniana
  • 英 名Bigfin Reef Squid
  • 別 名モイカ、バショウイカ、ミズイカ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

料理

アオリイカとニンニクは抜群のコンビネーション

釣り好き、魚好きにはおなじみのアオリイカだが、一般的にはまだそれほど知られていない。その理由の一つは、値段が高いことにある。寿司店でも高級なネタの一つに数えられ、都市部のスーパーでは、店頭に並ぶことも珍しい。イカが取れる漁港付近の市場や鮮魚店で見られるくらいだろうか。
さて、ほかのイカに比べて食感が優しいアオリイカは、身がおいしいのはもちろん、エンペラやゲソも絶品である。ゲソは軽く塩を振ってあぶって食べると抜群。エンペラの刺身も独特の歯応えがたまらない。
刺身でも食べられる新鮮な身とゲソにニンニクを効かせて、塩、コショウで炒めてみた。
食べる直前にレモンを絞って頂こう。パスタにからめても最高だ。

[さばき方・作り方]
イカ類は食感をよくするため皮を剥く必要があるが、アオリイカは比較的簡単に皮が剥ける。なお、刺身でも食べられる新鮮なイカを使っているので、ソテーする場合は、柔らかな食感を楽しむためにも、火を通しすぎないよう注意しよう。肝を加えると、よりコクのある味も楽しめる。

[材料](4人前)
アオリイカ(1.5kg級の身とゲソ)- 1/2ハイ
ニンニク - 3片
塩、コショウ - 各適量
炒め油 - 適量
アサツキ - 適宜
レモン - 1/8個

アオリイカのガーリックソテー

Ae934473 3e15 46ef 812d 07eeb8908bd4

①アオリイカを裏返した状態でまな板におき、裾のほうから包丁を入れ、胴の中心を切り開く。

6987d7d1 a087 4e1b ae1a d6e8ba7c5347

②内臓と身がつながっている膜状の部分を包丁でていねいに切ったら、頭(目がある部分)を持って、崩さないように注意しながらワタを外し、そのあとで骨も取り外す。

1f061906 a923 44fc a9db e66d6cfb9a9d

③墨袋を破かないようにしてワタを取り除いたら、目と目の間を包丁で切り開き、水のなかで目と口を取り除く。口の周りはおいしい部分なので捨てずに利用する。

F49a9fd4 d297 4292 9d3d e1f31badc362

④骨があった部分に包丁を入れ、身を二つに切り分ける。身とエンペラを分けたのち、包丁を入れた断面部分から皮を剥く。エンペラ部分も同様に皮を剥く。

4bf44116 7933 462a 9b4e 6168f478d7f9

⑤薄皮はペーパータオルや布巾を使うとつかみやすい。これを取り除くと食感がよくなるが、それほど神経質にならなくてもよい。

F70a8f17 d9f5 4593 810a 8ae19a982597

⑥身に浅く包丁目を入れたのち、やや厚みのあるそぎ切りにする。ゲソは、そぎ切りにした身の長さに合わせてぶつ切りにする。

7957c44f 1ccf 4c51 9858 fb1b8d9fda88

⑦軽く塩、コショウを振ったのち、みじん切りかすりおろすかしたニンニク1片を加えてよく混ぜ、下味を付ける。

Ccff9f42 bb15 49d7 b6ed dfb8bce29a00

⑧フライパンに炒め油(今回はグレープシードルオイルを使用)をやや多めに入れて⑦を炒め、塩、コショウ、残りのニンニクで味を調える。火を通し過ぎないように注意。小口切りのアサツキを散らし、レモンを添えて完成。

エンペラのイカ納豆

8587b3f8 c097 415f 9b79 aa8c20239be8

アオリイカはエンペラもおいしいので、無駄にせず、是非おいしく食べてほしい。炒め物にしたり、細切りにしてイカそうめん風の刺身にしたりと、さまざまな調理法で楽しめる。シンプルな刺身にちょっと手を加えて、歯応えを生かしたイカ納豆を紹介する。ごはんのおかずとしても、肴としても最適な一品だ。

タマネギを加えることで味と食感に変化がつく。釣れたてのコリコリしたエンペラと納豆の粘りで、いつものイカ納豆とはちょっと違ったおいしさが楽しめる。特別な仕事のいらないシンプルな料理だが、そのぶん食材のよさが生きる料理だ。

[材料](4人前)
アオリイカ(1.5kg級のエンペラ)- 1/2ハイ
納豆 - 1パック
タマネギ、大葉、ショウガ、アサツキ - 各適量
卵黄 - 1個
醤油 - 適量

B43720f3 e6af 43f1 be83 b64ffd34fd8e

A.作り方はいたって簡単。皮を剥いたエンペラを、包丁の先を滑らせるようにして細切りにする。

1d3d4b37 f405 447d baab 88d816540c34

B.そこに納豆、粗めのみじん切りにしたタマネギ、千切りにした大葉、細かなみじん切りにしたショウガ、卵黄1個を加えてよく混ぜるだけ。

38205722 bad7 40df a3c4 61082ff34058

【料理監修:森山 利也】

千葉県富津市で居酒屋「はいから屋」を25年営み、現在は築地場外市場で曜日限定の店「JOJO BAR」をプロデュース。自ら店に立ち旬の魚や自家製の野菜など、新鮮な食材を使った様々なメニューを楽しめる。
そして包丁捌きの基本や海に関わることを学べるリアル「森山塾」も主宰。
また、ベテランの釣り人として各方面で活躍し、豊富な経験と見識を持つ。
上記は森山氏がビギナーにも無理なく作れるものとして紹介していただいたおすすめ料理だ。


【協力:株式会社 舵社】

参考本:スクラップブック of 釣果料理
http://www.kazi.co.jp/public/book/bk04/5126.html

4人の達人が贈る、全38魚種、144種のレシピを掲載
『ボート倶楽部』の連載や特集記事の中から、さと丸、森山塾長、Mr.ツリック、ウエカツ水産の4人が書いた釣果料理の記事だけを厳選&抜粋して集めた単行本。
釣った魚をおいしく食べる達人たちのおすすめ料理を作れば、みなさんの家の食卓が豊かになること間違いなし。

ページTOPへ
釣果ナビ釣果ナビ